FC2ブログ
日々のつぶやき
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【Bonhomme de neige 雪だるま】
2011-02-12 Sat 22:39
昨日今日と今年初めて位のしっかりした雪が降りましたね。
雪のせいで寒くてしょうがないと部屋の中でヒーターをいれて窓の外の雪景色に眼をやると、何か特別な光景を見ているような気がしてしばらく眺めてしまいます。
窓を開けて雪のにおいを感じると、いつもとは違う気持でいられるようで、誰にも会わないで外を歩いてみたいと思いたち、沢山着込んで静かな外に出かけました。

110212_163101.jpg
<帽子の雪だるま>

110212_164249.jpg
<蠟梅の雪だるま>




・雪だるまとは

雪だるまとは、雪でだるまのような形にかたどったものです。
雪の降る地方でよく作られ冬の風物詩となっています。
典型的なものとしては、目として炭団(たどん:木炭・石炭の粉末にのりなどを混ぜて、球状に固めて乾かした燃料)を入れ、腕として小枝を挿し、帽子としてバケツをかぶせます。
小枝に手袋を填めることもあります。

雪合戦、かまくら、そして雪だるま。色々な雪遊びがある中で雪遊びというのは、奈良時代前期の歴史書「日本書紀」にも記されていて、約1300年の歴史をもつ日本伝統の遊びです。
なかでも、雪だるまは日本だけではなく、世界各国に広く共通している遊びの一つです。
日本との違いといえば、

日本の雪だるま・・・2つの雪玉で作られています。頭部と胴体に見立てて作るのが普通。顔立ちは平淡。
欧米の雪だるま・・・3つで形作られています。頭部と胴体と脚部に見立てられる。高い鼻が特徴。

ついでに、アメリカの雪だるまはパイプをくわえ、シルクハットをかぶり、人参の鼻に枝の手腕、目は木炭というのが伝統的な姿だという。


・雪だるまと達磨信仰

一般的に達磨信仰と関係があると思われているが、Yahoo!百科事典にも『だるま信仰とは関係なく、雪を転がせばおのずからだるまの形となる。』と書かれており、他の辞書などにも達磨信仰との関係は書かれていない。
この達磨信仰というのは、不屈の精神「七転び八起き」のシンボルであるダルマを己と見なし、それらを授かろうというものらしい。
そもそも達磨とは、サンスクリット語「Bodhi-dharma」の音写「菩提達磨」の略で、「dharma」の原義は「法」を意味する。
菩提達磨は(円覚大師、達磨大師とも)ペルシア生まれの胡人であったが、中国へ渡り座禅から世界を観て禅宗の開祖となった人物で、魏の嵩山にある少林寺で面壁九年を行い、その座禅によって手足が腐ったという伝説から、手足のない玩具(置物)としての「だるま」がつくられたといわれる。
日本では「起き上がり小法師」と呼ばれる。底に重りを付けただるまが愛好され、何度も起き上がるという連想から、江戸中期以降に「七転び八起き」の縁起物として信仰されるようになった。
全体に赤く塗られているだるまが基本的なものであるが、これは菩提達磨の衣を着ていたことに由来し、赤は昔から魔除けの色とされていたことにも通ずる。
(主参考:http://gogen-allguide.com/ta/daruma.html)


・世界の雪だるま

カナダの雪だるま雪の降る地域で、雪で人形を作る慣習は広く見られる。「雪だるま」に当たる言葉として、「雪人」「雪男」(英・独・仏・中・韓など)、「雪人形」(伊・西など)等がある。西洋の雪だるまは、鼻にニンジンを使い、本体は三段重ねものが多い。また足の付いているものも見られる。

スイスのチューリヒで行われる春の祭りゼクセロイテンでは、巨大な薪の上で、冬の象徴である(藁でつくった)雪だるまを燃やす。

[ソウル新聞 ナウニュース](2009-12-04頃)
ヨーロッパのある研究チームが、‘世界で一番小さい雪だるま’を作るのに成功し、人目を集めた。
直径0.01mmの世界最小雪だるま
イギリスの国立物理実験室(NPL)が作ったこの雪だるまは、 人の髪の毛の太さの 5分の1程度の 直径 0.01㎜ の大きさで、小さい真鍮の玉二個で作った。
真鍮の玉は、そもそもマイクロ顕微鏡レンズを測定するときに使うもので、研究チームは、最先端ナノ技術を利用し、二つの玉を溶接した。
その次にイオンのピンを利用し、雪だるまの頭の部分を削り、 二つの目と微笑の様子は、口を描いき、その後でプラチナの玉を使って鼻を作った。
先進技術で ‘世界で一番小さな雪だるま’を作ったNPLのデイビット・コックス博士は、 “とても楽しい作業だった。”そして “多くの人たちに珍しい雪だるまをプレゼントすることができて幸せた”と明らかにした。

フィンランドの雪だるま
<フィンランドの雪だるま>

カナダの雪だるま
<カナダの雪だるま>

中国の雪だるま
<中国の雪だるま>

ロンドンの雪だるま
<ロンドンの雪だるま>

やっぱり雪だるまって可愛いですねぇ
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<テ/イ/ル/ズ  | ユーロ38 | 懐古懐古にしてあげる♪>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| ユーロ38 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。